創立者・代表理事 中田宙志

[略歴] 東京工業大学卒業後、三井物産にてオーストラリア・中南米における風力発電所や液化天然ガス受入基地等のインフラの事業開発・投資事業・M&Aに従事。2015年から2019年にかけてラグビーワールドカップ2019組織委員会に勤務、経営企画部でプロジェクトマネジメントの全体計画の策定を経て、人事企画部長として組織開発・採用業務等を推進。現在、DRAIV LLCの代表取締役。

Skippersメンバーは2016年から2020年にかけて出会いました。一人一人の輝く目、前向きな姿勢、行動力、溢れる才能に、興奮したことを今でも覚えています。

その当時、ラグビーワールドカップに関わる海外の業界スペシャリストが、イギリス→アゼルバイジャン→日本といったように、「渡り鳥」として世界を股に掛け活躍してきた姿を見てきました。

「日本発で、グローバルスポーツ界において活躍する人材を輩出したい」。

この想いは、ラグビーワールドカップ2019組織委員会時代に、嶋津元事務総長・西阪元事務総長代理とともに見た夢です。

この意思を引き継ぎ、中期的に「最高峰の人材開発の環境」を整え、長期的に「グローバルスポーツ界におけるゲームチェンジャーの輩出」を目指し、日本発・世界を巻き込むグローバルプラットフォームを産み出すべく、注力して参ります。